各国税関当局は関税主権を有する領域の境界において差押という切れ味鋭い剣を振るうことができ、この剣を実際の、あるいは疑いのある海賊製品に対して効果的に使用することができます。

ここでは各国税関当局に対してお客様の保護権(主として特許権、商標権及び意匠権)に基づく申請手続をとって監視を促さなければならず、そのようして彼らは欧州連合の領域の境界で海賊製品が見つかったときは特定された対象の差押を行い、権利者に通知をすることができるのです。

お客様の保護権に基づいて各税関当局が措置を開始するよう、あるいは不当にお客様に対する差押通知が出された場合はかかる差押からお客様をお守りするお手伝いをさせて頂きます。