ドイツ弁護士・ パートナー

 

SONDERHOFF&EINSEL EUROPE
EINSEL Attorney at Law und Rechtsanwälte PartmbB
Große Bäckerstr. 3
20095 Hamburg
Deutschland / Germany

Tel: +49 (0)40/36 00 89 98
Email: rauther@se-europe.de


ハンブルク出身のロバート・ラウターは、当初短い期間ハンブルク大学で人間医学を学んでいたが、その後ハイデルベルクとゲッティンゲンで法学を専攻した。
修学中は、競争法および独占禁止法、知的財産法および著作権法を中心に学び、ゲッティンゲンおよびオスナーブリュックの両大学において、ビジネス法の講座、殊に、競争法研究者の第一人者であるDr.ウルリッヒ・インメンガ教授ならびにDr.アンドレアス・フックス教授(LL.M)の下、競争法および独占禁止法の分野で学術助手を務めた経験を有する。
法学修学を終え、ハーゲン通信大学で付加的に日本法の講義を修め、さらに研究員として、名古屋の南山宗教文化研究所(日本語/中国語の文字体系)を数回にわたり訪問した。デュッセルドルフ高等裁判所での法務修習生の期間には、デュッセルドルフと東京の企業法務系法律事務所で過ごす時間をもった。
その後、ロバート・ラウターは、日本への深い関心のため、東京の長沼語学学校に通い、いくつかのドイツ系法律事務所に勤務した。2014年、ゾンデルホフ&アインゼルに加入し、2016年にハンブルクに設立されたゾンデルホフ&アインゼルのドイツ・欧州オフィスの拡充に努める。
2017年より、アインゼル法律事務所(SONDERHOFF & EINSEL EUROPE)のパートナーを務める。主に知的財産権保護や企業法、家族法および相続法に関する独日間の国境を越える問題について、日本人の同僚と共に、クライアントに助言を与えている。
日本語と中国語の文字に関する書籍を翻訳し、共著の作品もある。日本人女性と結婚し、ドイツ語、英語、日本語で対応する。